読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有酸素運動について考えてみた

夏場は体脂肪率が10%を切る(簡易な体重計での計測)といったことがありました。

冬場の今は15%くらいです。

 

夏場には、登山やロードバイクをしていたからでしょうか。一方、冬場には、ジョギングや晴れた時には自転車で運動しますが長くとも2時間くらいです。

 

ロードバイクはダイエットに良い」、や「ウォーキングとロードバイクはどちらがダイエットに向いている」、などの情報をみますが、有酸素運動といった意味ではどちらも同じ運動量といった見解のようです。

 

しかし、ウォーキングを6時間もやれないと思います。

 

登山やロードバイクでは、6時間とか有酸素運動を続けられます。一方、ジョギングだと1時間も走っていると嫌になります。その上、やり過ぎは膝を痛めます。この差はあるのではないかと思います。

 

しかし、ジョギングが凄い、と思うところがあります。それは、心拍数です。ジョギングは120-130bpmほどで走ります。この心拍数はロードバイクだと、結構飛ばしている時やヒルクライムの心拍数です。

 

冬場は心拍トレーニングに勤しみます。